お風呂のリフォーム時期にはサインがある

お風呂のリフォームには時期があります。その時期を外してしまうと費用が余計に掛かってしまう事がありますので注意が必要です。その時期というのが15年から20年です。リフォームサインは、築20年で一度もメンテナンスをした事がない、脱衣室の床がぷよぷよ浮いている、壁や床や浴槽がひび割れやサビがでている、浴室内のカビがひどい、排水溝が掃除をしているのに流れにくく、臭いがある、水栓金具の温度調整がききにくい、外壁に水が染み出た跡が残っている、といったサインです。この時期が過ぎてしまう事によって、常に水が掛かる場所なので、水が浸入して土台が腐ってしまったり、シロアリが発生していまったりしていると、さらなる余計な費用が掛かってしまいます。設備が古ければ古いほど、新しいお風呂に比べて維持費も掛かりますし、カビや汚れは健康問題にも発展してしまいます。

お風呂のリフォームの決断は早めに行う

お風呂のリフォームの必要性を感じたら業者に見てもらいますが、特に、脱衣室の床がぷよぷよしている、浴室内のひび割れ、外壁の水が染み出てきている場合には早急度が高いです。なるべくコストを抑えたいと思ったら、早めにリフォームを行います。腐食が進むにつれて費用がより掛かります。早め早めにすることによって補修費用が抑える事ができます。ここ10年で給食に進化している省エネ設備や家事を楽にする設備に変える事によって今後のコストの軽減や掃除が楽になります。リフォームを躊躇っていると、補修費用がより増えるだけでなく、省エネ性能を逃してしまっているので光熱費を最新式にと旧型での差がでてきます。費用だけでなく、最新式によって家事に掛かる時間を短縮する事ができるので家事効率もあがります。早めに変えておけばよかったという事を思わないためにも、必要性を感じたら早急な決断は必要な事です。

お風呂のリフォームは大変

母の実家とウチでは何年か前に、お風呂のリフォームをしました。その際、色々と大変でした。まずは無駄にお金が、かかりすぎなのと大工さんの仕事があまりよくない感じがありました。大工さんの仕事が無駄に遅くその分のお金をとられたり下手だったりして、とにかく無駄が多く感じ家族も、ここの大工さんは仕事が無駄など多くてだめだねとよく話、違う大工さんや配管工事の方に新しく部屋を作る時に新しく風呂を作る為、とてもいい人の知り合いに大工さんを教えてもらい仕事は早いし経済的にもよくし家族の事も理解し、いいように色々してくれ相談など親切にしてくれた事があり、これからはこの大工さんがいいねとよく話していました。やっぱり大工さんによって素晴らしく工事をし親切にしてくれる方もいらっしゃって、しっかり大工さんを選ぶべきだと感じました。